フラメンコに向いている?向いていない? 初心者編&経験者編

フラメンコ
スポンサーリンク

フラメンコに向いている?向いていない? 初心者編&経験者編

「自分はフラメンコに向いている?向いていない?」

この言葉はフラメンコを始める前も始めてからも常に付きまとう呪文のようなものだと思います。

「リズム音痴のたこはフラメンコに向いている?向いていない?」

リズムがすべてのフラメンコ。一番向いていないタイプなんですよね。でも、10年以上続けているしライブにだって出ている。

今回はフラメンコに向いている?向いていない?というテーマでお話しをします。

スポンサーリンク

フラメンコに向いている?向いていない? 初心者編

フラメンコは音楽だと理解できる

フラメンコをやってみようと思ったきっかけは何でしょうか?

運動不足解消の為。綺麗なドレスを着てみたい。あの独特の音楽が好き。絶対にプロになりたい。

きっかけは様々で楽しみ方も様々です。

まず皆さんに知っていてほしいのはフラメンコは音楽だという事です。

「そんなことわかってるよ」と思うかもしれませんが、想像以上に音楽的要素を求められます。ですのでただ「綺麗なドレスで踊りたい」とか淡い気持ちで始めてしまうと「こんなはずじゃなかった」ととても苦労します。はい、私、苦労しています。

苦労していますが「フラメンコは音楽」だと気づいてからは「わからないポイント」が見つけやすくなったので楽になりました

「やってみたいな」「知りたいな」という好奇心

どのようなジャンルでも「やってみたいな」「知りたいな」という好奇心があるのとただ受け身なのとでは「面白さ」と「上達速度」が変わってきます。

人それぞれ持っている肉体は違うものです。鏡に映る自分、先生に言われた通りしているのに何かしっくりこない。こうかな?ああかな?といろいろ試してみる人と「先生はこうおっしゃったから」と思考停止してそこから何も考えない人と。

勿論先生がおっしゃることをまずはそっくりそのままやってみる。そして、なにか感じるものがあるなら試してみる。そののちまた先生がおっしゃり通りにやってみる。何度も何度も試してみる好奇心。

好奇心があると上達速度も速くなり、ますます楽しくなってきます。楽しいと続きます。試行錯誤出来る人はフラメンコに向いていると思われます。

継続と振り返りができるひと

上達の速度は人それぞれ。すぐに出来る人もいればじっくり時間をかけて、ゆっくりゆっくり上達する人もいます。

周りはどんどん出来るようになるのに自分はちっとも出来ないまま。焦る。悲しくなる。

でもね、「ちっとも出来ないまま」と思っているのは自分だけで、他人から見たら絶対に上達しているんですよ。本当です。

自分の事って自分では気づかないんです。どんなにいい事でも。

実は私もず~~~~っと「自分だけ出来ない」と思っていました。「こんなに頑張っているのになんで上手くならないんだろう」って。

でもね自分が気づかないだけで「やった分だけ」は確実に上達しているんです。だからそう信じて「継続」できる人はフラメンコに向いています。

ただ、定期的に「振り返り」は必要です。それは第三者にお願いしてもいいですし自分で動画を見てもいいですが、自分で振り返りをする時は他人の目になてチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

フラメンコに向いている?向いていない?経験者編

プロを目指す?

この世は無情で不平等。プロと呼ばれる方々はやはり

「持って生まれたもの」

があります。それは大きな種だったり小さな種だったりしますが一部の人がその種をもって生まれたことは確かで、そういう人がフラメンコに向いている人です。でもそれをうらやんでも仕方ありません。

私は、そんな「種」は持って生まれなかったので、持っていない人の視点からお話ししますね。

おすすめフラメンコDVD

努力と根性と継続のコンプリート

まず自分自身で「努力」と「根性」と「継続」を心掛けることが出来る人はフラメンコに向いています。

フラメンコ的才能はありませんがこの点では私は向いていると言えます。

フラメンコに限らず、どんな世界でも「努力と根性と継続」さえできればある程度の結果を残すことが出来ます。

途中であきらめてしまうから、到達しないだけなのです。あきらめなければそのラインまでは必ず到達できますので、あきらめない人はフラメンコに向いています。

わからないものは素直にわからないといえる

「わからない」と認めるのは勇気がいります。認めることに自尊心が邪魔をするかもしれません。

でも出来ていないものは誰からみても出来ていないのです。変なプライドはさっさと捨てて「自分は出来ていない」と自覚し、先生の言われることを素直に実践してみましょう。意地を張っていたころより短時間であっけなく出来るようになる事でしょう。「素直に」「変なプライドを捨て」てみる。

これが出来る人はフラメンコに向いています。

自信を持てる

フラメンコはセッションです。ですので受け身でいると延々に受け身のフラメンコしか出来ません。

ですので自信をもって「こうです」といえる自分を持つことが出来る人がフラメンコに向いています。

自信を持つためには地味な積み重ねが必要になってきます。張りぼての自信はすぐにばれるので。

ですので「地味に積み重ねが出来て自信が持てる」ことが出来る人はフラメンコに向いています。

スポンサーリンク

フラメンコに向いている?向いていない? 初心者編&経験者編 まとめ

  • フラメンコは音楽だ
  • 好奇心
  • 興味
  • 継続
  • 振り返り
  • 努力
  • 根性
  • 素直
  • 自信

書き出すときりがありませんが一番は

好きだという気持ち
があるか無いかだと思います。
他のものは後から身に付けることも出来るので♪
好きだと一度でも思ったら、思った人はフラメンコに向いています。
是非、フラメンコに挑戦しましょう

▼▼▼フラメンコの種類リズム別一覧へはこちらから▼▼▼

フラメンコの曲種(種類)リズム別一覧表/2拍子・4拍子/3拍子・12拍子/自由拍子リブレ 

たこ

大阪にてフラメンコを踊っています
小さいころからリズム音痴を自覚していたのですが、何を思ったのかリズムが命のフラメンコを始めてしまい10数年。
私がリズム音痴なのになぜこんなに長くフラメンコを続けられたのか、リズム音痴で悩んでいる方の役に立てれば、と思いこのサイトを作りました。

たこをフォローする
フラメンコ
スポンサーリンク
たこをフォローする
リズム音痴がフラメンコ
タイトルとURLをコピーしました