国宝・興福寺阿修羅像とキスマイ・北山宏光の共通点

キスマイ・宝塚・芸能

国宝 興福寺阿修羅像とキスマイ北山宏光

誰もが一目見たら脳裏に焼き付いて離れない仏像界のアイドル国宝・興福寺の阿修羅像。

その少年のような繊細な風貌と相反する芯の強さ。私はこの像を見るたびにキスマイの北山宏光さんが思い浮かびます。

今回は興福寺阿修羅像ファンのかたにキスマイの北山宏光さんを、北山宏光さんのファンに興福寺阿修羅像をご案内します。

スポンサーリンク

キスマイ 北山宏光と阿修羅神の超駆け足で分かる説明

超駆け足阿修羅の事が分かる説明

阿修羅と言えば【戦いの神】というイメージがありますが、本来のアスラ神(阿修羅)はメソポタミア文明までさかのぼり

  • 正義や秩序を守り
  • 悪を懲らしめる
  • 最高神

でしたが、インド神話に組み入れられた時にインドラ(帝釈天)に戦いを挑む鬼神となり天界を追放されます。

のち仏教に取り入れられた時に、釈迦の説法により守護神となりました。荒っぽい性格ながら、本来の正義と秩序を重んじる本質を持つ、守護を役目とする慈悲深い神となったのです。

興福寺の国宝阿修羅像は光明皇后の命により建造され、少年のような容貌と細くしなやかな肢体をもち見た人を魅了する。

以上超駆け足阿修羅の事が分かる説明。(今後興福寺阿修羅像についての詳しいコンテンツを立ち上げたいな、と思っています)

超駆け足キスマイの最年長・北山宏光が分かる説明

サッカー推薦で堀越高等学校(一般コース)に入学・のちにジャニーズに入所。遅い入所ながらも持ち前の臆することなく挑戦し努力することで頭角を現し、実力をつける。

グループ結成後はリーダーを置かないキスマイの中で最年長として屋台骨として、そして屋根としてグループをささえメンバーを護る大きさをみせる。

まだ10代だったさまよえる弟組・二階堂高嗣との話は有名【鬼滅の刃】炭治郎とキスマイ北山宏光の共通点と北山・二階堂殴り合いの話

グループを支える為後方に下がるのではなく、リードボーカルとして自身も輝き、路を切り開くときは傷つくことを恐れず常に先頭を行くが、その容姿が最年長にも関わらずまるで瑞々しい少年のよう。小柄ながら身のこなしもしなやか。

北山さんの鍛えられた 肢体は芸術品のようです

スポンサーリンク

キスマイ 北山宏光と阿修羅神の共通点

キスマイ北山さんは共演者のかたから「女優顔」と言われることもあるとても可愛らしい花のようなかんばせであると同時に、どうみても「男の子」特有の強さの現れた凛々しいお顔でもあります。

その点も興福寺の少女のようと称されることもありながらどう見ても「10代の男の子特特有の顔」である阿修羅像と同じです。また「10代男子特有の怒りや悲しみなどを秘めた不安定な美しさ」も共通して感じ取ることが出来ます。

  • 正義や秩序を守り
  • 悪を懲らしめ
  • 天界を追放されながらも理不尽なことに何度も戦いを挑む
  • 守護神としての役目を持つ

など、知れば知るほど北山さんが外見だけでなく内面も興福寺の阿修羅神にしか見えなくなってきます。

そして!!忘れてならないのが興福寺の阿修羅像とキスマイ北山宏光さんのひそめた眉の美しさです!!←思わず大フォント赤太文字!!

北山さんの美しい眉は逸品です。初めて北山さんを見た時、何かに似ている・・・と思ったのですが、ああ、あの興福寺の阿修羅像の眉だ!!とたどり着いた時震えました。形とかでなく、その眉一つで醸し出す雰囲気が同じなのです。

国宝級の眉・北山宏光!!

 

スポンサーリンク

国宝・興福寺阿修羅像とキスマイ・北山宏光の共通点 まとめ

北山さんの歌声も力強い中に人を包み込む優しさがあり国宝級です。

ダンスは阿修羅神が帝釈天に戦いを挑むときはさもありなん、というようにしなやかで鋭く強靭で美しいのです。

これらは天性の才能も勿論ありますが、年高くなってからジャニーズに入所したため人一倍お稽古を積んだ努力によって北山さんに身についたというのもとても評価の高いポイントです。ご自分では全く語らないのにいまだに周りが「北山さんはこそ錬をしていた」と言う程ですからその量は想像する以上のものだったと思われます。

キスマイ北山宏光さんは戦いを挑み続け守護神となった阿修羅そのものだといえます

キスマイ ライブ演出担当・二階堂高嗣の育成における北山宏光の視野の広さと愛情

たこ

大阪にてフラメンコを踊っています
小さいころからリズム音痴を自覚していたのですが、何を思ったのかリズムが命のフラメンコを始めてしまい10数年。
私がリズム音痴なのになぜこんなに長くフラメンコを続けられたのか、リズム音痴で悩んでいる方の役に立てれば、と思いこのサイトを作りました。

たこをフォローする
キスマイ・宝塚・芸能
スポンサーリンク
たこをフォローする
リズム音痴がフラメンコ
タイトルとURLをコピーしました