安蘭けいと藤ヶ谷太輔 Edge of days

藤ヶ谷太輔
スポンサーリンク

安蘭けいと藤ヶ谷太輔 Edge of days

私は安蘭けいファン歴20数年の古参瞳子担である。(瞳子というのは安蘭さんの本名)そして、ドン・ジュアンで藤ヶ谷太輔ファンになって数か月である。

古参ファンゆえ瞳子ちゃん宝塚退団後はゆるゆると応援しているのですが、本日ツイッターに投稿したツイートに藤ヶ谷君ファンの方から沢山の「いいね♡」と「リツイート」がついた。自分では何気なくつぶやいたのですが、後ほど・・・・

「納得!!!!」「これは運命だわ」

という事実が発覚。いつもなら「読者の方に有益な情報を」と思いながらブログを書くのですが、今回はただの「藤ヶ谷ファン」であり「瞳子ファン」であるたこの自己満足日記となります。すみません。

スポンサーリンク

本日2019・11・10の何気ないたこのツイート

本日2019・11・10の何気ないたこのツイート

たこ@リズム音痴だけどフラメンコ踊ってます 【薔薇と香水とフラメンコ】

@tako10121
キスマイの新曲
【Edge of Days / Kis-My-Ft2】 が、
我が愛しの安蘭けいの大劇場トップお披露目作品
【シークレットハンター この世で、俺に盗めぬものはない】
を連想させて、毎日泣いてる。藤ヶ谷くんを好きになって初めての新曲がこれって運命的

#キスマイ #安蘭けい #藤ヶ谷太輔

画像

画像

午後6:35 · 2019年11月10日
27件のリツイート
45件のいいね 
(どちらも刻々と増えていっている最中)

先輩ガヤ担姫はいつも優しくて沢山の「いいね♡」を下さる、でもそれにしてはリツイートが多くないか??ただのたこの想い出ツイートなのに。

【Edge of Days / Kis-My-Ft2】

11月13日に発売されるキスマイの新曲
【Edge of Days / Kis-My-Ft2】
「Edge of Days」「エッジオブデイズ」
「ギリギリの、崖っぷちの、窮地に立たされた日々」
というような意味で‘希望’‘光’‘陰’がテーマ。

偽りを隠しながらその緊迫感の中で迷い葛藤しながら自分自身を見つめ直し、本当の自分の世界を切り開いていく。

2019年10月9日の水曜日、深夜1時35分から放送される北山宏光さん主演のドラマパラビ「ミリオンジョー」の主題歌です。

【シークレットハンター この世で、俺に盗めぬものはない】

一方、瞳子ちゃんのトップお披露目作品だった
【シークレットハンター この世で、俺に盗めぬものはない】
(2007年宝塚大劇場星組公演)
1930~40年代のカリブ海に浮かぶ島々を舞台に、泥棒で詐欺師のダゴベールこと、通称“ダグ”が、「或る女を盗み出すこと」という奇妙な依頼を受けたことから始まる、詐欺師とプリンセスとの恋物語。
安蘭さんの持ち味である「光と影」が魅力の作品でした。

何度見ても2作品、雰囲気似てるわ~~~。好きだわ~~~。
にしても、リツイート多すぎない??
なぜ??
スポンサーリンク

「TAKE FIVE2」主演 藤ヶ谷太輔 で共演

舞台「TAKE FIVE2」

「TAKE FIVE」は唐沢寿明さん主演のテレビドラマで、ゲストで柚希礼音さんたち宝塚の5名が出た回があり見ていました。その舞台版をジャニーズ主演でやる、という事は知っていました。

舞台版1の方は蘭寿とむさんが出演されていたように思います。その2に瞳子ちゃんが出演、と発表されているのも知っていました。

東京の公演でしたので「あ・・ジャニーズか。東京だしな」ぐらいにしか思っていなかったのですが・・・今になって思えば・・・なんで見に行かなかったんだ!!!私!!!と悔やまれます。

安蘭さんは星組の元トップ男役さんですが、その持ち味から当時まだ宝塚では珍しかった「ダークヒーロー」で主演してしまうようなジェンヌでした。舞台「TAKE FIVE2」でもテロリストの役でしたね。

安蘭さんは音楽学校から優秀な成績で将来を期待され下級生時代は「雪組の御曹司」という愛称までついていたのですが、なんでもできるという事は怖いことでTOP目前まで行って次でTOPになれるというタイミングで「就任はもう少し待てね」と2回も落下傘され後回しにされる(いきなり他組から上級生が降ってくる)という非常につらい経験をされました。

ぽつりと「もうトップになれないかもしれない。ごめんね」と私たちファンに謝られたことがあります。この時に「絶対にこの人と添い遂げる」とファン同士で語り合い誓いあいました。

ですのでこの【シークレットハンター この世で、俺に盗めぬものはない】

でトップお披露目になった時の私たちファンの感激はちょっと言葉には表せないものがあり、またこの作品は私たちファンにとって非常に大切な公演となりました。

初日の「夢とは叶えるものです。でもかなわなくてもそれまでの過程が大切です」という安蘭さんのご挨拶は宝塚の名言となっています。必殺苦労人と呼んでいます。

その安蘭けいファンの私にとってとても大切な作品と、新米藤ヶ谷太輔ファンの私にとって初めてのキスマイ新曲「Edge of Days」が同じテーマで雰囲気まで同じというのはもう「運命」としか言いようがない、とかってに一人で思っていました。

また最近知った藤ヶ谷太輔くんやキスマイさんの今までの軌跡も安蘭さんに重なる部分もあり、びっくりしています。

実はこの記事を書き始めたときはリツイート数が19だったのですが今みたら26になっていました。同じように「運命的」と思ってくださっているガヤ担姫が多くいて下さるんだな、とおもうと感慨深いです。

スポンサーリンク

安蘭けいと藤ヶ谷太輔 まとめ

ちょっと、自分でも何を書いているのか分からなくなったのですが(苦笑)

大好きな安蘭さんとキスマイ&藤ヶ谷さんが同じテイストの似合う表現者だという事が分かり、とても幸せなたこです。

記念すべきファンになっての一曲目の新譜が【Edge of Days】でとてもしあわせです。

上記のようなことがなくてもシンプルに格好いいし素敵な曲なので。

この曲を紅白で聴けるといいな、と思います。

・・・・こんな、独り言の日記のような記事に最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

2504文字も書いちゃった。満足!!!

Edge of Days(CD)(通常盤)


Edge of Days(CD+DVD)(初回盤A)


Edge of Days(CD+DVD)(初回盤B)

たこ

大阪にてフラメンコを踊っています
小さいころからリズム音痴を自覚していたのですが、何を思ったのかリズムが命のフラメンコを始めてしまい10数年。
私がリズム音痴なのになぜこんなに長くフラメンコを続けられたのか、リズム音痴で悩んでいる方の役に立てれば、と思いこのサイトを作りました。

たこをフォローする
藤ヶ谷太輔
スポンサーリンク
たこをフォローする
リズム音痴がフラメンコ
タイトルとURLをコピーしました