フラメンコ 群舞とソロ、どちらが難しいの?

ライブ
スポンサーリンク

フラメンコ 群舞とソロ、どちらが難しいの?

私の周りで定期的に議題に上がるこの問題。これは、人それそれの考えがあることと思いますので今回は、「私・たこが」感じているフラメンコ 群舞とソロ、どちらが難しいの?についての考えをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

フラメンコ 群舞とソロ、どちらが難しいの?

難しいと感じている順番

私がフラメンコの形態で難易度が高いと感じている順番です

  1. パレハ(2人で踊るフラメンコ)
  2. 5人以上で踊る群舞
  3. 3人で踊る群舞
  4. ソロ
スポンサーリンク

フラメンコ 群舞とソロ、どちらが難しいの?フラメンコ的群舞とは

私が思う群舞の条件

私がなぜ群舞の方が難しと感じるかというと、群舞で踊るためには

  1. 自分の踊りをシッカリ確立させたうえで
  2. メンバーの動きや呼吸を把握し
  3. 独りよがりにならないよう調和させながら踊る

という、何重にもクリアしなければいけないハードルがあるからです。

1・自分の踊りをシッカリ確立させたうえで

これは群舞でもソロでも同じですね。

振りを覚えるのはもちろん、群舞なら特にアセントをシッカリとらえておかないと複数で踊った時に振りは間違っていなくても一人だけ異質な雰囲気を醸し出してしまします。

2・メンバーの動きや呼吸を把握し

メンバーの呼吸をしっかり感じながら踊れるか、群舞の成功はここに掛かっていると思います。

そのためには自分の踊りは完成させておく必要があり、そのうえで常に周りの呼吸を読む「余裕」が必要になります。

3・独りよがりにならないよう調和させながら踊る

どんなにお稽古期間が短かろうと、合わせる回数が少なかろうと「メンバーと呼吸をあわせる」ことに意識を向けるだけのエチケットがあれば群舞として成り立ちます。

しかし、メンバーに意識を向けない踊りは異質で、見ていて違和感を覚えます。正直そういう踊りを見てしまうとお上手であろうと「群舞で踊る意味ないんじゃない?ソロで踊っておけば?」と思ってしまいます。

群舞はとても難しい

上記の事から群舞はソロよりもとても難しいと感じます。¥

スポンサーリンク

フラメンコ 群舞とソロ、どちらが難しいの?フラメンコ群舞で難しいと感じる順番

パレハ(2人で踊るフラメンコ)

社交ダンスでも他のジャンルのダンスでもペアやパレハと呼ばれる2人組のペアダンスは難しと感じます。

余程の信頼関係・もしくはお互いを尊敬しあえる関係でないと必ず歪が生まれ、その歪を中和する3人目がいないからです。

しかし、強力な関係性を結べればこれほど面白い形態もありません。

大人数の群舞ほどの規制もなく、お互いに仕掛けあう事も出来るのでliveとしての面白みも出せます。パレハが出来るだけの力を持つ踊り手は超一流だと感じます。

5人以上で踊る群舞

発表会などでよくみられる形ですが、この形態は難しくもあり、初心者には馴染みやすいという両面を持っていると思います。

人数が多ければ多い程「合わせる」と言いう事が難しくなります。ですので、自分の踊りは完全に仕上がって「余裕」がある状態にしておかないといけません。

この時点で私・・・・ち~~~~ん、と沈没。むりだ・・・・ぜ・・・・

しかし!!

「お互いの足りないところを補い合って踊り切る」という事が出来るのもこの「形態の特徴でもあります。なので、発表会でよく使われる方式なんですね。

因みにスペインのフラメンコ界にはもともとは「発表界」というものは存在しませんでした。大人になってもフラメンコを続けるのは「プロ」のみ。

しかし30年ほど前に日本でフラメンコが爆発的に人気を集め、日本特有の「発表会」という形でフラメンコを大人も舞台で披露しているのに衝撃を受けたスペインの人々は「自分たちもプロじゃないけど舞台でフラメンコを踊りたい」と「発表会」を逆輸入し今はスペインでも群舞で踊る「発表会」が開催されるようになりました。

3人で踊る群舞

パレハの問題を解消する3人目のいる群舞。3人で踊るという事は多分それなりの実力が一人一人に備わっている事が推測されることから、技術的にも精神的にも一番安定している形態だと思います。

スポンサーリンク

フラメンコ 群舞とソロ、どちらが難しいの?フラメンコのソロとは

フラメンコのソロは群舞と比べて難しい?それとも易しい?

正直、群舞とソロ、どちらが難しくどちらが易しいか、なんて測れない問題なんです。

ただ、ソロの場合も群舞の1は出来た上なのは最低条件で、あとはもし振りを間違えても、歌ぶり1つ丸々飛ばしても、構成がいて変わっても、ちゃんとコンパスさえ守っていればそれは「その時の、自分とバックさんと観客が作り上げたフラメンコ」となるわけで、精神的には非常に楽です。

私は群舞もソロもどちらもノーミスで踊り切ったことなどあまりませんが、終わった後群舞では「メンバーに申し訳ない」という気持ちが3か月ぐらい続いてレッスンに行きたくなくなり実際にお休みしちゃうぐらい凹みますが、ソロの場合は踊り終わった瞬間に気持ちが切り替わり、次の人が踊り始めた時には「フラメンコ最高!!楽しい!!」となっています♪

スポンサーリンク

フラメンコ 群舞とソロ、どちらが難しいの?まとめ

これは私がフラメンコを観たり、踊ったりする時に感じている難易度ですので人それぞれだと思いますが、群舞もソロも一人で踊っているのではなく周りに人がいることを忘れなければ気持ちよく楽しむ事ができます。

そのうえで、どの形態でも対応できるようお稽古を積むのが大切なのではないでしょうか

▼▼▼フラメンコの種類リズム別一覧へはこちらから▼▼▼

フラメンコの曲種(種類)リズム別一覧表/2拍子・4拍子/3拍子・12拍子/自由拍子リブレ 

たこ

大阪にてフラメンコを踊っています
小さいころからリズム音痴を自覚していたのですが、何を思ったのかリズムが命のフラメンコを始めてしまい10数年。
私がリズム音痴なのになぜこんなに長くフラメンコを続けられたのか、リズム音痴で悩んでいる方の役に立てれば、と思いこのサイトを作りました。

たこをフォローする
ライブ 発表会
スポンサーリンク
たこをフォローする
リズム音痴がフラメンコ
タイトルとURLをコピーしました